平屋が人気を集めている理由とは?初心者がおさえておきたいポイントを紹介

当サイトでは平屋が人気を集めている理由はどういったことなのか、初心者がおさえておきたいポイントをご紹介しています。
家づくりで1階のみの間取りの住宅を検討しているのなら、参考になるかもしれません。
ワンフロア住宅の魅力は、上下移動のないオープンな環境です。
足腰に負担がかからないとして、高齢者に人気が高くなっています。
一般的に2階建てよりも光熱費が抑えやすいといわれているのはなぜか、このサイトではその理由も解説しています。

平屋が人気を集めている理由とは?初心者がおさえておきたいポイントを紹介

近年再び注目を集めているのが平屋ですが、その理由はなぜなのかという疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。
平屋は階段がないのが大きな特徴です。
そのため家をバリアフリーにすることが出来るというメリットがあります。
さらに室内で移動しやすいのも人気を集めているポイントです。
階段を上ったり下りたりすることなく、家事も生活もできるので効率が良いでしょう。
ただし広い平屋の場合、玄関の位置によっては部屋まで行くのにかえって時間がかかることもあります。

平屋における外観・間取りの基礎知識

日本で長く親しまれている平屋は、若い世代からも再評価されています。
現在の日本では2階建ての住宅が主流ですが、平屋には様々なメリットがあるため見直されています。
階段がなく上下に移動する手間が省け、ストレスなく快適に暮らせます。
ワンフロアで生活の全てが完結するため、家事や育児を効率よく行えます。
部屋が少ないと掃除の負担も少なくなり、階段がないと子供が怪我を負うリスクも減らせます。
最初からバリアフリーの空間なので、高齢者も楽に移動できます。
平屋は外観も内装も自由に設計でき、屋根の高さや形も自由に決められます。
2階建ての家だと柱や壁の位置に制限がありますが、ワンフロアだと壁も柱も自由に配置できます。
平屋だと家族と顔を合わせる機会が増えるため、コミュニケーションも取りやすくなります。
間取りも自由に設定でき、子供が独立した後はダイニングや居間と繋げて広く使えます。
重心が低いので地震の揺れにも強く、風の影響を受ける面積が小さいので強風の負担も抑えられます。

注文住宅で平屋が人気を集めている理由

注文住宅は施主の希望に合わせて設計されるため、多種多様なスタイルがあります。
そのなかでも人気を集めているのが、平屋建ての住宅です。
なぜこのスタイルが注目されているかといえば、その理由のひとつは建築コストを抑えられるためです。
2階建てや3階建ての住宅と比較すると、建築のために必要な足場の高さが異なります。
高い足場を設置しないぶん、平屋建てが効率的なコストで建築可能です。
別の理由としては、住居内で階段を使った移動をなくすことができるため、高齢になったときの負担を抑えることができます。
脚に不自由な点があると、階段による移動は負荷が強く大変です。
家族が高齢になった時点を考慮して、平屋で家を設計する事例は少なくありません。
建築のためのコストを抑えられる可能性があり、健康上の配慮まで期待できるのが平屋建ての住宅です。
土地が充分に広ければ、床面積は2階建てなどの設計と同等にすることも可能なため、理想的な家といえるかもしれません。

子育て世代にも支持されている平屋

平屋は子育て世代にも人気があり、一軒家を購入するときに「二階建てか平屋にするか」を考えているそうです。
子育てをするときに平屋を選ぶときには、設計を「コミュニケーションを家族がしやすいことを前提」としたものを依頼するご夫婦が多いといいます。
子育て世代はどうやっても「子供中心の生活」になることが分かっているので、どこを見ても子供が視界に入る方が良いということです。
二階建てだと、一階もしくは二階のどちらかにいるときは子供が何をしているのか分かりません。
なので、不安になるのでなかなか動きにくい、といった声もあるようです。
特に子供が小さい頃はどうしても子供を抱えながら動く必要が出てくるので、家事でさえ思う通りに出来ないこともあります。
そのため、家事動線がよい平屋を希望するご夫婦もいるのです。
ポイントは「子供が視界に入っているかどうか」と言っても過言ではなく、二階建てなどよりもその点が押さえられているのが選ばれる理由だと言って良いでしょう。

バリアフリーで移動が楽になる平屋

平屋は贅沢な注文住宅と感じる方も多いのですが、実際に土地面積が広い場合に建てられることが多い傾向にあります。
現在では新築住宅の多くはバリアフリーに仕上げていることが多い傾向にあり、平屋住宅では玄関から建物の奥側へとストレートな廊下を用いることが多く、段差を全て無くすことと廊下の幅を広めにすることで移動が楽な住宅を作り上げることができます。
一般的な2階建て住宅の場合でも、段差を無くしている住宅が増えているのですが、足腰の弱った高齢の方が家族にいたり、小さなお子さんがいるご家庭では階段は手摺りを付けても完全に安全性を保てることではありません。
この問題は平屋住宅であれば全てを解消することが可能になり、個室を完備していても見渡しの良さから家族からの何らかの話があっても簡単に移動をしてコミュニケーションがとれる住宅にできます。
高麗者の方で歩行することに手助けが必要な事例でも、平屋住宅であればトイレやバスルームへの移動も楽になるので介護を必要とする場面でもかなりの便利さを感じられるのではないでしょうか。

著者:丸井三雄

筆者プロフィール

岡山県備前市生まれ。
一級建築士として数多くの住宅を設計。
今回は平屋について記事をまとめました。
備前の工務店ならここ!